ドアノブについて知ろう ドアノブについて知ろう ドアノブについて知ろう

ドアノブの内部劣化による故障には交換が必要です

image

玄関のドアをはじめとして、家には無数のドアノブがあります。室内ドアはじめ、トイレや浴室などいろいろな個所に存在します。どの個所も日頃から使用頻度が高いため、調子が悪くなることがありうる部分です。特に室内ドアのドアノブは頻繁に使うので、調子が悪くなる問題がよく発生します。よくある症状としては空回りする、あるいはドアノブが動かない、グラグラするといったトラブルです。ネジが緩んでいるだけなら修理ですぐに直せますが、ドアノブ内部の劣化が原因の場合は、ドアノブの交換が必要な場合もあります。

ドアノブのトラブルで特に気をつけるべきなのは、トイレや浴室です。仕様が悪いまま使い続けていると、急に開かなくなって閉じ込められてしまうと言う障害も発生しています。気になったらすぐの修理や交換が望まれます。

そういったドアノブの修理や交換は、何処に依頼すればよいのか迷うのではないでしょうか。一般的には、リフォーム会社や工務店などに相談するケースが多いでしょう。直ぐに思いつかない方法ではありますが、鍵の専門業者にお願いする手段もあります。

鍵の専門業者では鍵のトラブルだけでなく、いろんなメーカーのドアノブの交換や修理にも応じてくれます。早急の対応も可能だから、鍵が開かなくなって閉じ込められたと言った緊急時のトラブルにもすぐに対応してくれます。覚えておけば良いでしょう。

今ではネットの利用により簡単に業者を探せるようになりました。全国に支店を設けているようなところなら、呼べばすぐに飛んできてくれるでしょう。ドアノブの交換で最近多いケースと言えば、レバーハンドルへの交換です。

握る型のドアノブよりも容易に開けられるのが特徴です。高齢者や子どもでも開けやすく、また、荷物を持っていても開けやすいため、普通のドアノブからレバーハンドルへの交換を希望する事例が多くなっています。今日ではレバーハンドルの物も玄関ドアに利用されています。交換の場合は、ドアの厚みなどで取りつけ可能な種類があります。また材質や装飾なども豊富にありますから、業者に相談して予算や希望に合わせて選べば良いでしょう。